【沈む島の真実 キリバスから】優しい先生とちょいワル先生 2人の国会議員に助けられて感じる「人の温かさ」(産経新聞)

 真っ青な空とエメラルドグリーンのラグーン。日本から南東に約5千キロの太平洋のど真ん中に、ぽっかりと浮かぶ島国、キリバス。ここに住み込んで1週間が経ち、1時間の遅刻は当たり前といった“南国の島”ならではの、人々のおおらかさに何度も出くわした。一方で、政府関係の取材には許可や取材料が必要で、なかなか思うように進まない。途方に暮れていると、日本びいきの2人の国会議員が助け舟を出してくれた。(今泉有美子)

  [フォト]“優しい先生”国会議員のワイ・テブアイさん

 ■国会議事堂や橋、発電所…日本との関係深く

 キリバスの首都・タラワ滞在から数日経ったある日、警察に取材を断られて落ち込んでいると、1人の男性が話しかけてきた。

 「旅行ですか? もし街に行くのなら、一緒にバスに乗りましょう」

 男性はワイ・テブアイさん(50)。46人いるキリバスの国会議員のメンバーの1人だ。テブアイさんは、タラワの南東にある離島「タビテウエア」選出の議員で、2007年から議員を務めている。

 キリバスは33の環礁島からなり、人口は約10万人。うち、5割ほどががタラワに集中している。それぞれの島の人口割合に応じて、各島から国会議員が選出される。テブアイさんに国会議事堂の見学をお願いすると、「もちろんです。日本の皆さんにしっかり伝えてください」と快諾してくれた。

 キリバスの国会議事堂は、昔の建物が老朽化したために建て替えられ、2000年に完成した。議事堂の設計・建設は日本の建設会社「大日本土木」(岐阜市)が手がけた。キリバスにはこのほか、日本からのODA(政府開発援助)を元に同社が請け負って造られたものが少なくない。

 一番有名なのは、ヒョロヒョロと島がつながった細長いタラワの西のはずれ、商業街のあるベシオ島と本島をつなぐ橋「ニッポン(日本)・コーズウェイ」だ。

 この橋の建設も「大日本土木」が手がけ、地元住民が日本への感謝の意味を込めてそう名付けたという。コーズウェイ脇にある小学校では、この橋の完成を祝って、当時の校長の独断で「ダイニッポン小学校」と名前を変えてしまったほどだ。そのほか、冷凍倉庫や発電所なども日本のODAで造られている。

 テブアイさんに連れられ、議事堂の中へ進んだ。

 テブアイさんによると、キリバスは大統領を国家元首とする共和制。議事堂はそれほど大きくはなく、日本の県議会の議事堂程度の規模だ。国会は4カ月に1回開かれ、1回の会期は2週間という。傍聴席には一般の傍聴希望者のほか、国内の新聞社とラジオ局の記者が入る。ちなみに、キリバスには代表的な新聞社が3社あるが、いずれも新聞は日刊ではなく週刊だ。

 一通りキリバスの国会の仕組みを聞くと、今度は反対にテブアイさんから日本について質問された。

 「ハトヤマがやめるというニュースを聞いた。どうして、日本の総理大臣はそんなにすぐに辞めてしまうのか分からない。ハトヤマの前はアソウ、その前は…コイズミか。そして次は誰がなるんだ?」

 元総理大臣の名前は2人ほど抜けていたが、ODAの仕組みや現在は予算が大幅に削られつつあることなど、テブアイさんは日本についてとてもよく勉強していた。その理由を「日本にはたくさん援助をしてもらっており、これからもよい付き合いをしたいからだ」と答えた。

 ■ラグーンを眺めながら仕事のあとに一杯 贅沢な議事堂裏のバー

 議事堂を出て、ミーティング室や図書館などを見学した後、議員専用のレストランに案内してくれた。ここで、テブアイさんに勧められて鶏肉の野菜いためを注文したが、肉が軟らかく、オイスターソースの味付けも日本人の口に合う絶品だった。食後には、この国では珍しくコーヒーも出してくれた。

 キリバスの一般家庭では、毎日のご飯は白米と魚がほとんどだが、レストランや中華料理店では鶏肉や野菜、即席めんで作ったラーメンなどを食べることができる。ただし、どれも驚くほどしょっぱい上に、即席めんは伸びてブツブツ切れるためスプーンで食べなくてはならない。お世辞にも、「おいしい」とは言えないものばかり。

 現地で10年以上も住んでいる日本人男性が、「料理をしたこともないような中国人が、ビザのために料理店を開いてコックをしているようだ」と教えてくれた。

 食事をごちそうになったあと、テブアイさんは議事堂の裏側に連れて行ってくれた。ラグーンに面した、伝統的なパンダナスの葉を重ねた屋根のおしゃれなバーがあった。オープンは午後4時〜8時で、6時過ぎには夕日で真っ赤に染まる神秘的な景色を見ながら、お酒を楽しむことができる贅沢(ぜいたく)なバーだ。テブアイさんが、「ここの関係者用のバーだけど、よかったらあなたも飲みに来てもいいよ。僕は今日、まだ仕事がたくさんあるのでつきあえないけど…」と言ってくれた。そこで、お礼を言っていったん引き上げ、夕方に出直すことにした。

 ■バーで出会った陽気な議員 「いまからナイトクラブに行こう」

 夕方、日の入りの時間帯を狙ってバーに向かうと、カウンターにはバーテンダーの女性、ケサ・ゲティアさん(30)がいた。オーストラリア産の「VBビール」を注文し、ゲティアさんと話していると、1台の車が止まり、中から歌手の矢沢永吉さんにひげを生やしてさらに黒くしたような、“ちょいワル風”の男性が降りてきた。ゲティアさんが「彼も国会議員よ」と耳打ちしてくれた。

 男性はバーでVBビールを12缶購入して車に積んだ後、カウンターに座った。キリバスを取材するために住み込んでいることや、議事堂を見学したことなどを話すと、興味を持ったのか、「今から友達とナイトクラブに行くんだけど、一緒に行かないか」と誘ってくれ、一緒に行くことになった。

 途中、男性の親戚(しんせき)の家の前でその友達を待っていると、家から出てきたのは20代半ばの女性で、女優の安達祐実さん似の小柄な美女だった。「友達ではなく彼女だ。ワイフではないが、ワイフよりも愛している」と紹介された。2人の関係はそれ以上聞かなかったが、どの国にもこういう議員先生はいるようだ。

 キリバスのナイトクラブは、キリバスのオリジナルソングを流している店が大半で、外国の曲は週末の特別なイベントでしか流さないのだという。この国では、多くの人が大音量で家やバス、街角などでラジオを流しており、そこからはキリバスの曲ばかり流れるので、キリバスのオリジナルソングが国民に一番よく知られている。

 気づくと日付が変わっており、ホテルへと帰ることになった。実は、キリバスは飲酒運転はあまり厳しく禁止されておらず、酒気帯び程度での運転なら認められている。ほろ酔いの男性が車で送ると言ってくれたが、いくら法律で許されていても日本人の私は抵抗があったため、丁寧に断って歩いて帰ることにした。あまりに心配され、断るのが本当に大変だった。

 キリバスの夜空は、空よりも星の部分の面積が多いかのような美しさだ。上を見ながら歩いていると、あっという間にホテルに到着した。部屋に着くと、男性からメールが届いていた。

 「無事に着いたか。今度からは絶対に車に乗りなさい。あと、ホテルは高いから僕の親戚の家に引っ越しなさい」

 日本では最近、こういう“濃厚なおせっかい”になかなか遭遇できなくなった。キリバスは、昔ながらの人の温かさを感じることのできる国なのだ。

【沈む島の真実 キリバスから】

TOKYOはきれいな街 食生活の変化が環境汚染に
小さな小さな環礁島に住んでみた キリバスから
【関連記事】
世界で最初に一日を迎える島が水没危機
子午線移して2兆円効果? 「早起きニッポン研究会」が提案へ
【地球人間模様】@キリバス 南の島の日本人

【論説委員の取材ノート】高畑昭男 長官がくれた?スクープ(産経新聞)
新型インフル 毒性応じ対策 国が総括(産経新聞)
ポニョ鞆の浦の観光、7割増の計算ミス…実は1割(読売新聞)
菅新内閣の閣僚名簿を発表(読売新聞)
建築基準法令違反、認知症GHの15%―国交省(医療介護CBニュース)
[PR]
# by saxfoltdhy | 2010-06-16 17:33

鉄道事故 女性が「のぞみ」と接触、腕切断 JR新尾道駅(毎日新聞)

 31日午前9時55分ごろ、広島県尾道市栗原町のJR山陽新幹線新尾道駅構内で、博多発東京行き「のぞみ16号」(16両編成、乗客約980人)が通過する際、女性と接触した。山陽新幹線は広島−岡山間で上下線の運転を一時見合わせた。

 尾道市消防局によると女性は左腕を切断したが、命に別条はないという。【中尾卓英】

【関連ニュース】
山陽新幹線:作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で
山陽新幹線:一時運転見合わせ 新大阪−姫路
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
リニア中央新幹線:開業2年延期、27年目標 収益悪化で
東北新幹線:新青森延伸12月初旬に

歌舞伎町で3600万強奪=地下銀行資金か―2人組が男性襲う・警視庁(時事通信)
「小沢さんと一緒に辞めるのが最高の殊勲だ」(読売新聞)
<未公開株詐欺>容疑で男7人を再逮捕 警視庁(毎日新聞)
暴力団幹部、大相撲夏場所も維持員席で観戦(読売新聞)
鑑定留置認める決定 大阪・小2女児刺傷の32歳女(産経新聞)
[PR]
# by saxfoltdhy | 2010-06-07 18:17

口蹄疫 いたる所に石灰散布…最大の感染地・川南町ルポ(毎日新聞)

 宮崎県で感染が広がる家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)の最大の感染地、川南(かわみなみ)町。この1カ月で町の風景は一変した。人通りは絶え、公共施設や飲食店、民家など町中いたるところに石灰がまかれ、消毒マットによる防疫が続く。口蹄疫は畜産農家だけでなく地元経済にも深刻な影響を及ぼすが「開拓精神」で頑張る動きもある。【澤本麻里子】

 ◇絶えた人通り

 「人が来ないから収入がない。町全体がストップした」と町商工会の有沢章事務局長(61)は肩を落とした。川南町は、青森県十和田市、福島県矢吹町と並ぶ日本三大開拓地の一つと呼ばれ、戦後、入植者らの手で開かれた。畜産を中心に全国有数の農業生産量を誇る。毎月1回、さまざまな商品を載せた軽トラックが集まる「トロントロン軽トラ市」など、全国から注目されるイベントも企画し、町おこしにも力を入れてきた。ところが、口蹄疫問題が浮上した4月末以来、市は中止された。再開時期は決まっていない。

 飲食店など364店が加盟する川南町商工会。大型連休後、「店がつぶれそうだ」と相談を持ちかける経営者が急増している。

 国は畜産農家への補償や経済支援については発表したが、地元企業などへの言及はない。町商工会は融資の返済期限を延ばすなどして対応しているが、解決方法は見えない。有沢事務局長は「県内外に感染が広がる可能性がある以上、川南だけの問題ではない。町だけで再建するには限界がある。私たちは国に見捨てられたのか」ともどかしさを語った。

 老舗料亭「赤坂」は先月20日、予約が全部キャンセルされた。その後も客足は遠のき、前年比で収入は大幅ダウンだ。おかみの和田直子さん(50)は「軽トラ市などで盛り上がっていたところから一気に落ちた。ジェットコースターに乗っている気分」とため息をつく。姉(54)が飼育していた豚約1200頭も殺処分された。和田さん自身、経営に不安を抱えたまま毎日を過ごす。「国にはもう少し危機感を持ってスピーディーに対応してほしかった」

 その中で経営を支えているのが町内でワクチン接種などの作業に従事する獣医師らの弁当づくり。ライバル関係にある同業他社と協力している。「こんな時はおたがいさま。すべてが終わったらライバルに戻りましょうと話してます。不安はあるけど、先人の開拓精神を見習ってもう一度、川南を元気にしたい」と笑顔を見せた。

【関連ニュース】
口蹄疫:ペットのヤギにも感染の疑い
口蹄疫:牛に対するワクチン接種始まる 3市4町で実施
四日市市議:ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」
<検証>口蹄疫、3月には感染か 宮崎・水牛に症状、初動遅れ被害拡大
<分析>スーパー種牛、口蹄疫で殺処分 揺らぐ国産牛生産 畜産関係者に衝撃

事業仕分け第2弾の後半戦が終了―刷新会議(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
大阪・府営住宅から小5男児が転落?死亡(読売新聞)
<ケシ栽培>神奈川県が「問題なし」と誤指導 藤沢の農家に(毎日新聞)
逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
[PR]
# by saxfoltdhy | 2010-05-28 18:35

「陸山会」事件、小沢幹事長が国会で説明へ(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長(67)は12日、自らの資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件に関し、衆院政治倫理審査会(政倫審)で事実関係を説明する意向を党幹部に伝えた。

 実現すれば、小沢氏が同事件を巡り、国会で初めて説明する場となる。一方、東京地検特捜部は同日、東京第5検察審査会が小沢氏の不起訴(嫌疑不十分)について「起訴相当」を議決したことを受け、小沢氏に任意での事情聴取を要請した。陸山会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)ら元秘書3人(政治資金規正法違反で起訴)にも要請した。小沢氏は聴取要請にも応じる意向だ。

 小沢氏は12日、党幹部に「いつでも政倫審に出る」と述べ、自ら潔白を証明したいとの考えを示した。これまでは、特捜部が2月に不起訴としたことを受け、「不正をしていないことが明らかになった」として、国会での事件の説明は不要との立場を繰り返してきた。しかし、検察審査会の「起訴相当」の議決などもあり、自発的に説明する方が得策と判断したようだ。内閣支持率急落の中、参院選への影響も考慮したとみられる。

 政倫審は、議員本人の申し出か、審査会委員の申し立てで開かれる。具体的日程は、法案審議への影響を見極めて決める方針だ。

 小沢氏は自民党在籍当時の1993年、東京佐川急便事件を巡り、衆院予算委員会で証人喚問を受けたことがある。

 一方、小沢氏は特捜部からの再聴取要請に応じる意向を周辺に伝えていて、聴取が行われれば3度目となる。

 これに関連し、鳩山首相は12日夜、「(事情聴取要請への対応は)小沢氏自身の判断。検察の判断に関して、私から申し上げるべきではない」としたうえで、小沢氏に幹事長を続投させる考えを改めて強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

「宮崎牛」種牛49頭、口蹄疫疑いで殺処分へ(読売新聞)
最高裁判事に大谷氏(時事通信)
<猫虐待>25歳男を書類送検 「鳴き声うるさかった」(毎日新聞)
参院定数「40程度削減」=マニフェストに明記へ―民主検討委(時事通信)
電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?(産経新聞)
[PR]
# by saxfoltdhy | 2010-05-20 07:46

練馬の文化財巡り おまかせ(産経新聞)

 練馬区は、区内に点在する文化財を紹介した地図「文化財あんない」を発行した。各区立図書館や区役所などで無料で配布している。

 この地図には、3月までに国、都、区が指定した文化財などの中から見学できるもの70点と、寺社、旧道などを掲載。それぞれの文化財の特徴や成り立ちなどを紹介している。

 また、区内のバス路線図や公衆トイレの位置を載せるなどの工夫が凝らされている。区は「これを片手に、気軽に文化財めぐりを楽しんでもらいたい」としている。

3新幹線前年上回る 曜日配列恵まれる GW・東北(河北新報)
現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人−国際チームがゲノム解読(時事通信)
沖縄・奄美地方が梅雨入り(読売新聞)
県内移設まで40数カ所検討=官邸入りで「認識新たに」−鳩山首相(時事通信)
<女性遺体>「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
[PR]
# by saxfoltdhy | 2010-05-12 23:17