富士通、山本常務が社長に昇格(レスポンス)

富士通は、指名委員会の提案を受けて山本正己執行役員常務の社長昇格を内定した。4月1日付けで正式に就任する。間塚道義会長兼社長は代表権を持つ会長となる。

山本氏は、これを前に1月22日付けで副社長に昇格した。

山本氏は1976年に富士通に入社、主にパーソナルビジネス本部を歩んできた。2005年に経営執行役、2007年に経営執行役常務に就任、2008年からはシステムプロダクトビジネスグループ長を兼務している。56歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
三菱商事、小林常務の社長昇格を内定
【新聞ウォッチ】春闘10…日産、富士重はベア要求、トヨタ、ホンダは見送り
富士通 特別編集

摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」(産経新聞)
小学英語、楽しさ大切に=「無免許」授業に不安も−教研集会(時事通信)
小沢環境相、新エネ割合10%以上に(産経新聞)
<メッセージ展>被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所(毎日新聞)
<裾野市長選>大橋俊二氏が5選(毎日新聞)
[PR]
by saxfoltdhy | 2010-01-31 03:20
<< 小沢氏「心臓病で入院、預金を家... 府立大冠高校に50メートル巨大... >>