候補者確保へ「政治学校」=民主に対抗、人材囲い込み−自民(時事通信)

 自民党は、国会議員など政界入りの希望を持つ若者らを対象に、各都道府県連に「地方政治学校」を新設する。野党転落による「自民離れ」が加速する中で、来年の統一地方選や次期衆院選をにらみ、有望な人材を早めに囲い込み、候補者を確保する狙いがある。
 同党ではこれまで、候補者の発掘や選挙支援は派閥が大きな役割を担ってきた。しかし、昨年の衆院選で所属議員は3分の1近くに激減、派閥の機能も低下した。
 自民党は「与党の時は黙っていても人材が集まってきたが、今後はそうはいかない」(幹部)と危機感を深めており、党主導で候補者探しに本腰を入れることにした。
 同党では既に、12の都道府県連が候補者リクルートに向けた独自の活動を実施。これを全国に広げるため、24日の党大会で党則を改正し、「都道府県連は地方政治学校を置くことができる」との規定を加える。石原伸晃組織運動本部長は「有能な人材をピックアップし、しっかり育成したい」と話している。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

新鮮酒場そよかぜ
f6eqqzo6のブログ
出会いランキング
クレジットカード現金化 即日
債務整理・自己破産
[PR]
by saxfoltdhy | 2010-01-14 11:21
<< 石川議員 立件額4億 強制捜査... 小沢幹事長 土地購入問題で陳謝... >>