日韓安保宣言に意欲=李大統領来日に合わせ−首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は8日午前、韓国と安全保障分野での協力強化のため共同宣言を策定する可能性について「李明博大統領が今年、訪日される。これを契機に、これから日韓で協力していこうという機運が高まっている中で出てきた話だ」と述べ、意欲を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 日韓両政府の間には安全保障に限定した共同文書はなく、実現すれば初めて。1998年10月、当時の小渕恵三首相と金大中大統領が日韓共同宣言に署名しており、それ以来の基本文書となる。首脳の相互訪問に基づき、李大統領は今年前半にも訪日する見通しだ。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

京都修学旅行
もうかるねっと
現金化
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化
[PR]
by saxfoltdhy | 2010-01-13 12:53
<< 小沢幹事長 土地購入問題で陳謝... 被害者参加制度の裁判員裁判、厳... >>